Blessing Garden

宇宙波動調整士、富士山麓から今ここの変化を書いています

生活を彩ってくれる「何か」があるのは、幸せ

今週のお題「元気を出す方法」

というのがありましたので、折角なので参加してみましょう。

 

まあ、わが家はなんといっても、富士山が家の前にどーん!と見えますから。元気を出すと言うよりも、もう毎朝どどーんとした元気を富士山から頂いています。

だって、朝カーテン開けたら、富士山が見えるのよ。今は雪をかぶっていて、本当に美しい姿です。それを見ただけで、もう「よし!今日も楽しむぞ!」と思っちゃいます。

ついでに、富士山の写真を撮ると、さらに元気になっちゃいます。撮影した富士山を眺めて、ニヤニヤしちゃうのです。コッソリと眺めて、ニヤニヤ。きっと、このニヤニヤ感は推し活をしている方などは、分かってくださるかも、なんて思います。

 

折角なので、以前撮影した富士山を一枚、ご紹介。とってもパワフルです。本当に、移住してよかったなぁと、心から心から思っています。

これはいつかの富士山

 

もう一つ、もう自動的に元気が出ちゃうのは、私の場合、植物や花があるところに行くこと、もしくは植物や花を見ること。

あれは何でしょうね、不思議なんですが、もう植物を見るだけで、すっごく瑞々しい感覚になり、もうそれだけで幸せになってしまうのです。

植物に関連してガーデニングも入ります。自然栽培でハーブや野菜を育てています。冬は氷点下になるので、おやすみ中ですけれど。自然栽培歴もなんと10年を超しました。

 

ついでに昆虫も大好きです。自然栽培なので、農薬は使いません。ので、昆虫さんがたくさん来るのですが、その姿がかわいくて美しいのです。

昆虫はキモチワルイと感じる人が多いかも知れませんが、よく観察してみると、フォルムが美しい、機能が素晴らしい。これをDNAが発現しているなんて、神秘で奇跡だなあと感じます。

それに、昆虫や微生物がいなければ、わたし達は野菜や果物を創れませんしね。彼らの働きは目を見張るものがあります。感謝しかありません。

 

 

何にせよ、自分の生活をたのしく彩ってくれる「何か」があるのは、幸せなことだと思います。