Blessing Garden

宇宙波動調整士、富士山麓から今ここの変化を書いています

設定を変えてみる

昨日、不食の弁護士として知られる秋山佳胤先生の、アルベルト・シュバイツァー賞授与式に参加しました。不食というより、プラーナ食といったらいいかな。

秋先生には、オンラインサロンでも、個人的な面(レメディやレイキ関連)でも、とてもお世話になっています。

お式はとても素晴らしく、それこそスピリチュアル界で、活躍をされているすごい方達がたくさん集まられ、その場の共振共鳴がすごかったです。その場にわたしも参加出来て、とても幸せでした。

 


ま、その話とは別に、みなさんと一緒に撮影したわたしの姿を見て、「うーむ」としばらく考えていました。「なんかヘン」と、ヘンなんですよ。しかも痩せすぎだし。

そうね、そうね、なんかしっくりこないの。なにがと言えば、わたしの波動と洋服が合わない。それだけではない、スタンス(なんの?やや不明)が合わないのね。

 

先週、大きな視点転換が起こってから、扱う光の量(という表現が適切かは不明)が増え、光の柱としての太さがかなり大きくなっているのですが、昨日の共振共鳴で、さらにそれが加速して、今日は、自分の中に起きているその変容のエネルギーの動きを、静かに静かに感じていました。

 

で、思ったのです、洋服も含め、今の物質世界にあるものは「小さいんだ!」と。
つまり、今わたしはこども服を着ているようなもの、なのね!あり方も含めて。

 

それで、そうなら宇宙服を着ればいいじゃない、光の服を着ればいいじゃない!という結論に至りましたわ。

地球に合わせるのではなく、今ここの私の宇宙にピッタリくるものを選ぶ。もしくは宇宙から降ろしてもらう。洋服も、あり方も、活動の仕方も。

 


ってことで、早速、自分の宇宙の設定を変えましたわよ。
設定って、宇宙に自分の意図を発信すればいいだけです。わたしはこうなります!と。

それは、プロットとかプログラミングとか、そんなようなもの。

じぶんの意志で(←ここ大事)書きこんでおけば、ベストなタイミングで宇宙が動きます。今は、全体的な流れが速いので、叶うスピードも速いです。

 

 

体重も実は、5キロぐらい減っているのです。炎症反応が一因でもありますが、食べる量が著しく減っているので、それもあります。

今は、体にプラーナが満ちています。宇宙への理解、つまり悟りが深まるほどにプラーナを感じる度合いが増えていくのです。

この世界には、プラーナが満ち溢れています。ほんとよ。そう感じるの。


でも、食べる楽しみを手放したわけではありません。食べることをもうすこし楽しみたいのです。今は主に、フルーツとナッツ、たまに玄米ご飯、豆類、ローチョコ(砂糖なしの100%カカオ)などを楽しんでいます。


ま、そんな感じかな。