Blessing Garden

宇宙波動調整士、富士山麓から今ここの変化を書いています

より心地よい環境で生きよう

富士山麓、どどーんと富士山が見える生活は、わたし個人的にはとても快適です。「サイコー!」と叫びたいくらいです。

 

地球の心臓と言われる富士山だそうですが、やっぱりイヤシロチとしてのパワーというのか波動と言えばいいのか、ボルテックスと言えばいいのか、格段に違います。

この土地に長く住んでいる人達はやっぱりすごいと思いますし、移住にしても、この場所に入れる人は入れない人、やっぱり出てくるだろうなと、そんな印象です。

 

移住地としてとっても満足していますが、さらに心地よい環境で生息?したいと感じているんですよね。つまりガーデニングの話にもなりますが、見て触れて感じて、心が躍るようなそんな環境を庭に創造したいのです。

環境というには小さい場所ですが、いいんです。とにかく、自分がみずみずしく感じられるような、ワクワクするような、そんな場所を創っておきたい。

 

昆虫も微生物も、そこに必要な命がちゃんといて、それが循環していく。より自然の環境に近い循環の場を、庭に創っていきたいのです。

 

 

地球という場で進んでいくアセンションプロセスの真っ最中、日本も世界も混沌としており、さまざまな形でわたし達は揺さぶられます。

ですから、自分を整えることのできる場を確保していくことが、とても大事だと感じているんです、わたしは。そのための場所がお庭というわけです。

 

 

そして、自分の宇宙的発達・進化という意味でも、「よりよい環境で生きる」ことを選択し、実際によりよい環境で生きることが大事。そう思います。

心地よいと感じる環境を選んでいいのですし、実際にそこで生きていいんです。それがアセンションのプロセスの一つですから。

 

必要なのは、自らがそれを望み、それを意図し、宇宙に希望を出して、ちゃんとそれを受けとると覚悟を決めること。ただそれだけ。

あとはベストなタイミングに、あっさりと願ったものが目のまえにやってきます。ワクワクしながら、待つだけです。

 

わたしは庭を創るプロセスも楽しみたいので、それを堪能したいと思います。