Blessing Garden

宇宙波動調整士、富士山麓から今ここの変化を書いています

アースデイで感じたこと

4月22日はアースデイ。地球や地球環境に、わたし達がそれぞれに、何かできることを考えたり実践したりする日。

昨日は笛吹市で行われた「ふえふきマルシェ」に足を延ばしたのですが、その時に、アースデイの活動も同時に行われていて、ステキな絵も飾ってありました。

 

わたしがいつも地球と深くコンタクトすると、けっこう強い痛みを感じるのですよね。

それだけ地球は、わたし達のネガティブな部分も含めて、人間を丸と支えてくれているのだと思いますし、地球の負担は大変なものだなあと感じます。

 

環境破壊といったレベルではなくてね、エネルギーフィールドとして、わたし達の活動を全面的にバックアップしてくれている、深い深い愛なのです、地球が負担している痛みは。

なので、わたしは定期的に地球への感謝と癒しの祈りを続けています。

 

もしね、これを読んでビビビッと来た方は、月に一回でもいいので、地球にありがとうと一言でよいので伝えてみてください。それだけで、地球はクリアリングされます。

 

 

でも今日は、地球からではなく宇宙からのメッセージを大量に受け取りました。

やっぱりね、アースデイのように愛の波動が高まるような日は、宇宙とのコンタクトもやりやすくなるのではないかと思うのです。一時的に、フィールドが上がると言えばいいかな。

なので、そういう日には、普段あまりダイレクトに宇宙とコンタクトしない人たちも、メッセージを受けやすくなるのだろうなと感じます。

 

これって、愛のフィールドに多くの人が移動すると地球が進化する、そのとてもよい例でしょう。

 

日本人の働きは大きいです、ほんとよ。日本人の祈りって、やっぱりすごいのですよ、本当そう思います。

恐怖からの言動ではなく、愛のフィールドで心から祈りを捧げる人達がもっともっと日本でも増えるといいなあと、思っています。

 

そのためには、自然に自分を認めて愛し育むことを自分にOKを出して、それを実践することが大事なので、そういう人たちがもっともっと増えるといいなあと感じています。